こんにちは。TBTです。

今日は女性の約70%の方が悩んでいると言われる乾燥肌に効果のある日焼け止めを紹介したいと思います。

f:id:TBT:20190704001303j:image

 

乾燥肌の症状は後でも書きますが人によってまちまちです。洗顔した後にお肌が荒れたり漠然とした症状ですがなんだかヒリヒリしたり、化粧水をつけたら赤みがかかったりとそもそものその人の持つ体質から食事内容までが影響して引き起こされています。

 

多い症状としては肌の角質が落ちてきたりなんだか焼けてるように肌がヒリヒリしたりお肌がテカっているように感じたりすることが非常に多いです。ケースとしては化粧品を塗った後や石鹸で洗顔した後に上記のことを感じるのですが目に見える症状は鏡を見ても特になし・・・これが厄介ですよね・・・

 

しかも乾燥肌の対策では今回紹介する美容液、乳液、美容クリームがありどれを使えばいいのか?何がいいのかもわからい方も多いと思います。知らずに使って後から調べたらあんまり効果がないことしてた・・・みたいなことはよくあることなのでまずは違いから知っておきましょう。

 

詳しくは後述しますが美容液は化粧水と乳液の間で使うものです。乾燥が気になる場合は保湿用の美容液、シミ、そばかすが気になる場合は美白に特化した美容液を選ぶことが好ましいです。基本的には肌の明るさをキープしたり肌のうるおいをキープすることが役割です。

 

乳液とクリームは少し違います。乳液の役割は肌のうるおいのキープ、肌の保護が主な役割です。美容液とクリームの間で使うものですね。クリームよりも成分に水分が多いです。

 

美容クリームは役割は乳液と全く同じです。乳液の後に最後に使うものです。当然ながら乳液よりも油が多いので肌の脂っぽさが気になる方には向きません。肌の乾燥が気になる方に向けたものですね!

 

乾燥肌は主に女性の悩みと言われてますが男性にも悩んでいる方もおり万人共通のお悩みともいえますよね・・・他人にはわからないお悩みですが本人にとってはめちゃくちゃ深刻なお悩みですよね・・・そこで対策としてクリームではなく乳液にフォーカスして紹介したいと思います!

www.tsureduretbt.com

 

 乾燥肌とは??

f:id:TBT:20190704001329j:image
 乾燥肌とは文字通り、肌のうるおい・水分が不足している状態。本来、肌は角質がバリアとなり、水分を保持しています。健康な肌は、汗などの水分と皮脂が混ざり合ってできた皮脂膜で覆われています。この天然の保湿クリームが少なくなると、肌の乾燥をまねいてしまうのです。

 

原因は様々で後述しますが食生活の乱れや元々の体質などの要因もあり十人十色です。他の人が使っても問題ないのに自分が使うと異常が起きてしまうことも多々あります。もっと言うと昨日まで使ってて問題なかったのにその日使うとお肌が荒れてしまうことも・・・コンディションによって変わりますね・・・

 

 要はお肌を外的要因から守るバリアの機能が低下しているため乾燥肌になることが確認されています。何らかの要因によってお肌の水分がなくなると皮脂が少なくなってしまい、お肌を守る機能が低下してしまうんですね。

 

人によって原因は異なりますが花粉や暖冷房、体調の変化やストレスによっても影響されてしまうのでかなり対策がしにくく、10人いれば10人それぞれ異なった対策が必要になってしまいます。

 

乾燥肌の原因は?

f:id:TBT:20190704001352j:image
お肌の表面は皮脂で覆われています。これを皮脂膜というのですが、皮脂膜はアミノ酸などの成分が水分を保ち、細胞間皮質と言われるセラミドが隙間を埋め水分を保つという仕組みで肌の水分をキープしています。

 

これがいわゆる肌の保湿機能で皮脂のバリア機能と言われるものです。この機能がお肌を紫外線などの外的要因から守ってくれる機能なわけですね。

 

しかーし間違ったスキンケアなどによってこの保湿機能が失われてしまい、皮脂のバリア機能が低下することによってお肌が乾燥してしまいます。そして紫外線などの刺激物質、アレルギー物質細菌などがお肌に侵入して敏感肌になってしまうのです。

 

通常皮膚は頭皮であればフケ、肌であれば垢となってやがて剥がれ落ちてきますよね。そしてまた新しい皮膚が表面に出てきます。これをターンオーバーと言います。しかし何らかの要因でこのターンオーバーのサイクルが乱れ、サイクルが早まるとまだ成熟していない皮膚が肌として表面に現れてしまうためバリア機能が低下してしまいます。これが原因で乾燥肌になるんですね。

 

要因としては内的要因と外的要因があります。

www.tsureduretbt.com

 

内的要因

f:id:TBT:20190704001413j:image
 心理的影響や睡眠不足、栄養の偏りや過食、妊娠や心理的ストレス、更年期障害、皮膚がんなどの皮膚に影響する疾患など・・・生活習慣が主なものです。

 

外的要因

f:id:TBT:20190704001436p:image
紫外線、化粧品や洗顔材などの外用剤、温度や湿度の変化や金属やほこり、衣服などの多くの要因があります。

 
当然のことながら対策は下記となります。

①スキンケアを正しい方法で行う

②できるだけバランスのいい食事を心がけて栄養をしっかり摂る

③睡眠時間の確保を心掛けて規則正しい生活を送る

④就寝前にお酒やカフェインは控える

www.tsureduretbt.com

 

乾燥肌の種類は??

f:id:TBT:20190704001457j:image
乾燥性敏感肌
乾燥性敏感肌とは間違ったお手入れや気温の変化、紫外線などのダメージによって、角質層がはがれ落ちやすくなり、肌の水分が低下して乾燥して刺激を受けやすくなった状態のことを指します。刺激に対して敏感になるため、ハウスダストや雑菌によって炎症を起こすこともあります。 

 

対策としては肌の水分量が改善できる洗顔方法と保湿ケアが重要です。添加物の少ない良質なスキンケア製品を選びましょう。

 

脂性乾燥肌
脂性乾燥肌とは、「混合肌」とも呼ばれ、カサつく部分とベタつく部分が混在している肌のこと。日本人に多い肌質とも言われています。

一見脂っぽいので、つい洗顔しすぎてしまい、乾燥を防ぐために肌がますます皮脂を過剰に分泌してしまう、という悪循環を起こすこともあるので要注意ですね!

 

対策としてはカサつく部分とベタつく部分、それぞれのコンディションに合ったケアが必要です。生活習慣の乱れやストレスが関係していることも多いので、規則正しい生活や十分な睡眠、バランスの良い食事を心がけましょう。

 

超乾燥肌
乾燥肌がさらに進行した状態が超乾燥肌です。洗顔後に強いつっぱり感があったり、白い粉をふく、肌がポロポロと剥がれる、などの症状があります。 

 

対策としてはとにかく肌をいたわることが優先されます。洗顔後は、速やかに化粧水をたっぷりつけ、与えた水分の蒸発を防ぐ乳液やクリームを。いずれも肌への刺激が少ない良質なものを選びましょう。症状が改善しない場合は、早めに専門の医師に相談することをおすすめします。

 

加齢性乾燥肌
加齢性乾燥肌(老人性乾燥肌)とは、肌を保湿する皮脂や汗、そして肌の保水力に大切な成分である角質層のセラミドやコラーゲンが加齢とともに減少し、乾燥が進んでしまった状態です。

 

対策としては洗顔のし過ぎや、熱いお湯の入浴を避けましょう。また、冷暖房器具を使いすぎないよう心がけ、部屋の乾燥に注意しましょう。

www.tsureduretbt.com

 

乾燥肌への対策


保湿をする

f:id:TBT:20190704001515j:image
乾燥肌の主な原因はお肌の乾燥です。何らかの外的要因、内的要因によって水分を含んでいるセラミドの持つ水分が少なくなってしまいお肌が乾燥してカサカサになってしまうのです。

 

つまりさっくりシンプルに切り込んでいくと、対策としてはお肌に水分を保たせる。お肌を清潔に保ち、うるおいを与えて外的要因から守る。すなわち保湿というアクションが大切になってきます。

 

化粧水などの保湿剤は乾燥したお肌に潤いを与えるもので保湿効果を高める機能があります。また、上記にも触れたように乳液や保湿クリームを重ねて使うことでお肌から水分が蒸発することをブロックすることができます。うまく保湿を行うことでお肌を乾燥から防ぐことができるので結果的に敏感肌の対策になります!

 

正しいスキンケアをする

 

間違ったスキンケアとは??

f:id:TBT:20190704001533p:image

敏感肌への対策として大事なことは正しいスキンケアをすることです。正しいスキンケアをするためにまずは間違ったスキンケアを見てみましょう。

 

①クレンジングと洗顔に2分以上かけている

→やり過ぎはNGです。

②オイル、シートタイプのクレンジングを使っている

→敏感肌対策にはあまり向いてません

洗顔料を泡立てずにゴシゴシ押し付けるように洗う

→押し付けちゃうと今ある水分も失われます。

④化粧水を強くパッシングする

→効果が薄れるのと、肌を痛める恐れありです

⑤毎日パックやマッサージをする

→毎日やっていると効果に体が慣れてしまいます。

 

上記のような間違えたスキンケアは返って敏感肌を引き起こす要因にもなりえます。当てはまる場合は注意するようにしましょう!

www.tsureduretbt.com

 

正しいスキンケアとは??

f:id:TBT:20190704001549j:image
 敏感肌、乾燥肌の対策をする上では皮膚を清潔に保ち、皮脂のバリア機能を正常に保つことがとても大事です。保湿力のあるスキンケア商品を選びましょう。

 

正しいスキンケアのステップとしては下記となります。

 

①自分の肌に合うか購入する前にチェックする。

→前述しましたが肌の状態や症状は10人いれば10人違います。そのため10人いれば10人全員に合うものは基本的にはありません。買う前にサンプルやトライアルキットをもらって試してみましょう。

 

②商品を正しく利用する

→どれだけスキンケアをしていても自己流では十分な効果が得られない場合が多いです。お金の無駄になってしまうので使用前に説明書や手順、使用料をよく確認しましょう。

 

③皮脂をとり過ぎないものを選ぶ

 →スキンケア用品の中には洗浄力があまりに強力過ぎて皮脂まで洗い流してしまうものもあります。そのためあまり洗浄力の強くないものをチョイスしましょう。これはボディソープなどにも言えることです。

 

スキンケア用品の種類と効果

 美容液とは??

f:id:TBT:20190704001609j:image
それでは今回紹介しているスキンケア用品として使える美容液について少し解説します。美容液はスキンケア用品の中でも少し特殊な役割をします。化粧水やクリームではかがあまり得られない方やシミやくすみを無くしたい方にお勧めです!

 

 そして敏感肌でお悩みの方には美容液の中でも保湿美容液が最もお勧めで効果の高いものとなります。お勧めの成分としては前述したセラミドです。セラミドを配合していることによって多くの水分が保持できます。

 

 クレンジングとは??

f:id:TBT:20190704001626j:image
クレンジングとはメイクなどの油溶性のものを落とすためのものです。そのためメイクをしたり日焼け止めを塗った日にはクレンジングをする必要がありますね!

メイクなどには油が含まれてますので水で洗い落そうとしてもうまくいきません。そしてこのクレンジングを間違うと肌がヒリヒリしたり赤くなったりしてしまいます・・・

 

そのため負担が少なく、皮質を洗いすぎないもので保湿性能のあるクレンジング材を購入するようにしましょう!

 

 洗顔料とは??

f:id:TBT:20190704001644j:image
洗顔料は男性でもよく使われている最も一般的なものと言えます。目的としては皮脂やほこり、角質など不要になったものを洗い落とすことですが洗い落としすぎるとバリア機能まで落としちゃいます・・・

 

そのため汚れを落としながらも肌のうるおいをキープできるような洗顔料を選びましょう!具体的な成分としては脂肪酸石けんがおすすめです!

www.tsureduretbt.com

 

化粧水とは??

f:id:TBT:20190704001658j:image
 化粧水とは肌を保護するためのものです。いろいろな働きがありますが、有名な効果として皮脂が出過ぎるのを抑えて結果的に化粧崩れを防ぐ役割があります。

 

敏感肌の方にお勧めしたいものは保湿成分を蓄える働きのあるアミノ酸が配合されたもの。保湿成分が多く含まれたものを使いましょう!

注意としては少しでも肌の刺激となるようなものは避けること。具体的にはアルコールやメントール、香料などが含まれたものについては使用を避けるようにしましょう。

 

日焼け止めとは??

f:id:TBT:20190704001716j:image
 敏感肌の方はバリア機能が低下しているため通常よりも紫外線の影響をかなり強く受けてしまいます。そのため日光で肌荒れや日焼けは起こりやすいです。

そのため敏感肌の方には日焼け止めを塗ることを強くお勧めします。低刺激性のものが望ましいですがクリームタイプでもローションタイプでもお顔だけでなく体にも塗るようにしましょう

 

食生活の改善

取ったほうが良い栄養

f:id:TBT:20190704001736j:image
 乾燥肌の原因として食生活の乱れが指摘されています。多忙な社会人の方では3色バランスよく食べてしかも栄養も全部取り入れてっていうのは難しいかもしれませんが偏った食生活だとお肌に影響が出てしまいます・・・

具体的に摂取したほうが良い成分は下記になります。

 

①タンパク質

タンパク質はアミノ酸を含んでいます。皮膚はもちろん筋肉などもタンパク質でできていますのでこれは欠かすことができない栄養素ですね!肉や魚、卵などの動物性タンパク質、大豆や穀物からとれる植物性タンパク質もあるのでバランスよくとりましょう!

 

②鉄分

鉄分は血液などを作り出す人体に欠かせない栄養素です。足りないと貧血になってしまうのは有名ですね!鉄分が不足してしまうとしわやむくみの原因に・・・

鉄分は大豆などから取れる非ヘム鉄と肉、魚などから取れるヘム鉄があります。タンパク質と同じくバランスよくとりましょう!

 

③ビタミン群

ビタミン群は皮膚のターンオーバーに欠かせない要素です種類別には下記になります。

 

・ビタミンA・・・皮膚を修復し、ターンオーバーを促進、正常化させてくれますね!   ニンジンやホウレン草、レバーなどに含まれます!

 

・ビタミンC・・・皮膚のターンオーバーの調整を助けてくれます。さらにシミやそばかすの抑制の効果もあるので欠かせない要素ですね!イチゴやキウイ、ブロッコリーに含まれています!

 

・ビタミンE・・・皮膚のターンオーバーの調整、バリア機能を高めてくれます!カボチャやアーモンドや植物油に含まれていますね!

 

・ビタミンB群・・・不足してしまうとターンオーバーの促進に支障が出ます。卵やレバー、乳製品に含まれています。

 

取らないほうがいいもの

f:id:TBT:20190704001802j:image
食べないほうがいいものは栄養バランスがとりにくいものだといえます。具体的にはラーメンやパスタ、赤みのない肉、生野菜やアルコールは少し避けたほうがよいでしょう。

www.tsureduretbt.com

 

乾燥肌と生活習慣

f:id:TBT:20190704001819j:image
 乾燥肌と生活習慣は密接に関係しています。特に睡眠不足やストレス、アルコールの取得のし過ぎは敏感肌の大敵ですね。以下は主な原因です。

 

睡眠不足
忙しいとどうしても乱れがちになりがちですが、睡眠時間はとても大切です。寝具の清潔さも同時に保つようにしましょう。

 

嗜好品
取るなとは言いませんがお酒やカフェインが多すぎるとお肌への影響は色濃く出ます・・・

 

ストレス
ストレスのため込みすぎは自律神経の乱れに直結します。運動で発散する、十分な休息をとりましょう。

 

喫煙
ビタミンCを破壊してしまいます。しわやたるみの原因になるのでできるならば禁煙しましょう。

 

乾燥対策
室内はエアコンの効果などで思った以上に乾燥してます。加湿器を置いたり保湿剤を使ってみたりするなど対策をしましょう。

 

日焼け止めの相場は?

f:id:TBT:20190704001834j:image
日焼け止めの相場は3000¥~5000¥と言われています。ただ日焼け止めの市場はすでに飽和しているので例外はたくさんあります。

アミノ酸大豆イソフラボンなどの効果があると証明されている成分が含まれているものが好ましいといえますね!

ただ、安すぎるものを使うのはNGです。低価格のものは成分をしっかり見てから買うかどうか判断しましょう!

 

お勧めの日焼け止めは??

f:id:TBT:20190704001900j:image

以下はたくさんありますが有名で口コミのいい日焼け止めをまとめてみたものです。

 

コレールブルー

 コレールブルーは日頃の肌のお手入れに悩む女性に向けたスキンケアコンディショナージュレです。

 

 肌ケアでお悩みの方にお使いいただきたい商品で、成分の特徴としては「シャクヤク花エキス」がございます。沈静作用があり、夏場の日焼け後のケアとしてもお使いいただけますので詳しくは以下のリンクからご覧ください!!

 

 

小じわやシミをしっかりカバー。1本8役 の欲ばりCCクリーム『エバーピンク サンスクリーンα』

 エバーピンク サンスクリーンα』 は8つの機能の多機能CCクリームで(1)美容液 (2)カラーコントロール (3)毛穴カバー (4)化粧下地(5)コンシーラー (6)日焼け止め (7)ブルーライト対策 (8)大気汚染対策の機能を使えます。

 

UVも、ブルーライトも、大気の汚れも、気になる様々な刺激から、大切な肌をやさしく守って美しく仕上げる。ノンケミカルで国内最高数値 SPF50+ PA++++ を実現していますので詳しくは以下のリンクからご覧ください!!

 

 

オトコの為の日焼け止め「ZIGEN」

 ZIGENは男性の肌向けに開発した、テカりを抑える・ベタつかない・白浮きしない、
「紫外線吸収剤不使用」で敏感肌の方にも安心して使って頂ける肌に優しい日焼け止めです。

 

 ラサラした使用感で、石鹸だけでカンタンに落とせ、SPF21・PA++ 日常生活の紫線対策としてお使い頂けますので詳しくは以下のリンクからご覧ください!!

 

 

スーパーホワイト

 スーパーホワイトは全国のエステサロンで使用している美白、くすみケアに優れた美容クリームです。

 

 更に!注目の美肌・美白成分を高濃度で配合。(ピクノジェノールフラーレン、αアルブチン、APPS、ギガホワイト)ですので詳しくは以下のリンクからご覧ください!!

 

 

「プレミアムサンカットDR」

 プレミアムサンカットDRは総来店者数が30万人を突破したWEBショップ美肌の森が取り扱う日焼止めです。

 

 その中でも「プレミアムサンカットDR」は今世間で大変話題になっている「飲む日焼け止め」と言われている商品ですので詳しくは以下のリンクからご覧ください!!

 

 

ダメージを内側からケア【マスターホワイト】

 マスターホワイトは飲む日焼け止め、飲む日傘、飲む美容液など美白を目指す女性から喜びの声を多く頂いている製品です。

 

 プロテオグリカン」「アスタキサンチン」をはじめ「L-シスチン」「ヒアロコラーゲン(ヒアルロン酸・コラーゲン)」「エラスチン」「セラミド」など単体でも非常に効果な美容成分を贅沢に配合することで高い実感を誇る<インナー美容サプリ>ですので詳しくは以下のリンクからご覧ください!!

 

 

Dr'sホワイトセラミド

 Dr'sホワイトセラミド は『Dr'sホワイトセラミド』は医師監修のもと話題の新成分「ブライトニングパイン」を配合した紫外線対策のサプリメントです。

 

 紫外線や乾燥で失いがちな潤いをキープするセラミドとシミの原因となるメラニンの生成を抑制するフィトールを含んだパイナップル由来の新成分「ブライトニングパイン®」を配合していますので詳しくは以下のリンクからご覧ください!!

 

 

エンジェルUVスプレー

 エンジェルUVスプレー はデリケートなお肌の方や赤ちゃん(3ヶ月から)にも使える
極限までやさしくした、バランスに優れたUVケア製品です。

 

 成分につきましてもお肌への負担を考えノンケミカルで低刺激となっており、
お肌にやさしいので毎日長くお使いいただける製品ですので詳しくは以下のリンクからご覧ください!!

 

 

まとめ

f:id:TBT:20190704001923j:image
いかがでしたでしょうか?拙い説明でしたが乾燥肌を治すには美容液やクリーム、洗顔剤などにかなり気を使わないといけませんね…

 

当然のことながらストレスなどによっても引き起こされるので一概には言えませんが乾燥肌を治すことで気にすることのストレスからは解放されるはずです!

 

上記の他にも美容クリーム、化粧水などもまた紹介いたしますのであきらめずにしっかりと対策して乾燥肌を治していきましょう!

 

www.tsureduretbt.com

 

おすすめの記事